レディースの財布を買ったままのきれいな状態で保つには

セールや旅行先などでついつい買ってしまったレディース財布。プレゼントで貰った財布。みなさんも家にあるけれども使っていないレディース財布があると思います。本来は買ったらすぐに使い続ける事が望ましいのですが、どうしても財布の数が増えすぎてしまうと、ついついタンスにしまい込みたくなるものです。そのような財布を、タンスや引き出しの奥に入れて数年経った時、いつの間にか革がボロボロ、メッキが剥がれるなどのトラブルに合った方も少なくはありません。そのような場合、修理やメンテが必要で、余計な費用がかさんでしまいます。そのためにも常日頃から正しい方法で保存することが重要です。そこで今回はレディース財布を買ったときの状態からなるべく劣化しないような保存方法を紹介します。

革製品に大敵な湿気を防いで長持ち

財布に限らずバッグや靴などの革製品は湿気に弱いです。革製品で有名なブランドの中にはヨーロッパ地域発祥のものが多いですが、それはヨーロッパの湿度が低く、革製品作りに最適な気候だからです。反対に日本は湿度が高く、革製品の取扱には向いていない地域と言えます。その中でもなるべく保存状態を良くする方法として、湿度を良くする、通気性を良くする事が最も重要です。そのために有効なのが乾燥剤です。乾燥剤と財布を一緒に保管することで、湿気による劣化を防いでくれます。ただし入れすぎると乾燥によるひび割れが現れてしまいます。また、保存するときは箱や袋から出して保存します。箱に入れることで密閉性が増し、湿気がこもりやすくなってしまうのを防ぐためです。このように、湿気対策が大事です。

直射日光や防虫剤にも気をつけて

革製品のもう一つの弱点として、直射日光があります。直射日光を長時間当て続けると色あせてしまいますし、熱で接着材が溶け出してしまいます。特に箱に入れて日の当たる場所に置くと、湿気と相まって最悪のコンディションとなってしまいます。先程述べた湿気対策として、季節の変わり目に虫干しすることも有効な対策なのですが、その際に直射日光が当たる場所で干すとかえって状態を悪くしてしまう事があります。外で干す際は通気性がよく日の当たらない場所に置きましょう。また、虫対策として防虫剤を使用する方もいますが、実はこれもNG行為です。防虫剤に含まれている化学成分は、時間とともに揮発して防虫をしますが、この成分が財布の接着剤や塗装と反応して劣化してしまいます。その点からも防虫剤の使用は避けましょう。